« ココログ増量しました | トップページ | ぼかし入りになった冊子 »

2005年11月 2日 (水)

まだ残っていたATSの打子

東山線の保安装置(赤信号のオーバーラン防止)は従前においては打子式ATSが使われてましたが、2004(H16)年3月からはATCに切り換えられているところです。
打子式のものが日本国内で最後まで使用されていたのは、この東山線でした。
(ATSについてこちら、打子式ATSについてこちら。ウィキペディアに説明があります)

051102meieki-ATS1きょう名駅に出向いた際に気がついて、残しておかねばとパチリ…したのですが、いかんせんケイタイなので、画像がよくないですね。
ワイヤーが掛けられて打子が立ち上がらない状態になってますが、その部分がギリギリですけど見えてます。

051102meieki-ATS2取り外した跡なんでしょうか?ずた袋みたいなのがかぶさってます。
保安装置が進化していくのは乗客としては大変結構なんですけど、空気がシュー!と抜けて打子が立ち上がる動作が記憶に残っている身としては、寂しいものがあります。

|

« ココログ増量しました | トップページ | ぼかし入りになった冊子 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33339/6860635

この記事へのトラックバック一覧です: まだ残っていたATSの打子:

« ココログ増量しました | トップページ | ぼかし入りになった冊子 »