« カードが来ました | トップページ | きょうのテレビ番組 »

2006年4月25日 (火)

事故から1年経ったところで

JR西日本のトップページには、尼崎の事故のことが書かれています。
それそはそれで大事故なんですから、あってもおかしくはない話しなんですけど「悲しいかな、会社の姿勢ってこういうものなのなんですね」って感じてしまった言葉が、冒頭にありました。

弊社は、106名のお客様の尊い生命を奪い、500名を超える方々を負傷させるという

1年経っちゃうと自分の中の記憶もあいまいになっちゃいますが、この事故による死者は107人かなと思いますけど、おそらく運転士は慰霊の対象にはならないんですね。
これが「身内は大っぴらには慰霊できせん」という、会社の遠慮が働いての106名ならまだガマンもできます(ホントはそれすら許しがたい)けど、なんか「あいつに全部の責任をおっ被せて、できればなかったことにしたい」という意識が見えてしまって、酒でも飲まないとやってられん感じです(無理やり飲みモード)。
地元の会社に比べたとき、JR西日本の「攻めの姿勢」はとても好きなんですが、個人に責任を負わせるような、あからさまに身内の従業員にムチ打つ姿勢を見せられちゃうとゲンナリします。もっと言えば、会社にこういう姿勢を取らせるクレーマーにうんざりするんですけどね。

これはあくまで表面的な姿勢であって、ホントは会社の犠牲になった運転士さんと運転士の遺族のかたにも、JR西日本の手厚い思いがかけられることを期待せずにいられません。

#去年の5月には自分も現場で大ケガしたんで、そのころには改めて振り返りたいと思います。

|

« カードが来ました | トップページ | きょうのテレビ番組 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33339/9764796

この記事へのトラックバック一覧です: 事故から1年経ったところで:

« カードが来ました | トップページ | きょうのテレビ番組 »