« 【レポ】06/07/29アイドル祭り@金山 | トップページ | 九州行くなら新幹線 »

2006年7月31日 (月)

おカネの問題だけじゃない

中日新聞のホームページを見ていたら、東海道新幹線新駅の負担金について滋賀県知事が、7月末までに支払うべき3200万円については支払う旨の意向を示したそうです。支払うべき金額なら払うのは当然ですが、後から「事情変更により残額は支払い拒否」とか「建設しないんだから、支払いずみの金銭についても返還しろ」とか言い出しそうで心配です。

ぼくは建設凍結が多数意見ということにそもそも懐疑的ですが、それは地元民の意見と押し切るなら仕方ないとしても、払うべき金額はもっと多額に上るはずなんで、建設するしないに限らず、金銭的後始末はきっちりつけてもらわないとね・・・。地元負担分を違約金として全額支払ってでも、建設はご遠慮願いたいというなら、新しい知事さんも少しは積極評価してあげようかな。あくまで「かな」ですけどね。

|

« 【レポ】06/07/29アイドル祭り@金山 | トップページ | 九州行くなら新幹線 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

地元であり一番利益があるはずの栗東市でも、先の知事選では反対派の票(合算)のほうが推進派より多かったんですよ。また毎日新聞が実施した1500人の出口調査でも8割近くの人が反対していたようです。

のぞみの止まる新幹線の駅まで在来線で20分でいける場所に新幹線の駅はあまりいらないんじゃないかなあ。しかも新駅ができても、ひかりは1時間に1本しか止まらないし…

投稿: 滋賀県人 | 2006年8月 1日 (火) 12時02分

 こんばんは。

* 払うべき金額はもっと多額に上るはずなんで、建設するしないに限らず、

 栗東市などは、すでに新幹線の駅を建設することを前提に動いているのですから、駅の建設を中止するにしてもその補償はしないといけないでしょう。

投稿: たべちゃん | 2006年8月 1日 (火) 20時57分

<滋賀県人さん>

ぼくは滋賀県民じゃないですが、やはり使うことはない駅だなとは思ってます。
でも、一度作ると言って動き出してしまっているのですから、それをひるがえすことによって生じる損害(=得られるはずだったものが得られない)は、あがなってもらわないとなとも思います。

もったいないと言って現知事は当選したらしいですが、そのもったいないがどこに向かって言っているのか気になります。
単に「滋賀県民が負担するのはヤダ」という意味じゃなければいいんですけどね。

投稿: ちゃいにーず | 2006年8月 2日 (水) 00時01分

<たべちゃんさん>

あたかも「作りません」と言えば、1円たりとも払わなくていいかのような風潮になっていそうで気になります。

ホントは知事に突っ込みたいことはもっとあるはずなんですが、自分も使わないだろうなと思う立地なんで、突っ込みに勢いがなくなっちゃってます。

投稿: ちゃいにーず | 2006年8月 2日 (水) 00時04分

こんばんは~

私が思うに、今度の市長さんは今までの古いやり方の
尻拭いをしているのではないでしょうか?
新幹線を作れば、地元にお金が落ちる。
大橋を作れば地元にお金が落ちる
と言うのは、所詮幻に過ぎません。

現実を見ようとしない、古い考えの人たちや土建業者
100パーセント近く、決定済みなところを覆そうと
すれば当然違約金も要りますし、思わぬお金がいるのは想像できます。

そのお金を払ってまでも、建設する意味が無いと判断すれば
そうせざるを得ないでしょうね。

県民の総意なんですから。

投稿: まるこ姫 | 2006年8月 5日 (土) 20時35分

<まるこ姫さん>

そうなんですよね。後から事情変更があることはやむを得ないとしても、こういう人たちのこわいところは「最初からなかった」ことにしようとすることなんです。

事情変更することによって迷惑するする人たちへの、正当な補償があるんだったら、多数派と称する人たちへ譲歩することは、地元民でありませんからしかたがないのかなと思います。

地元だったら、ぜったい譲歩しませんけどね(^^;)。

投稿: ちゃいにーず | 2006年8月 6日 (日) 18時11分

そんなに建設したいのなら
有権者に理解が得られる計画を建てたら
いいだけですし、たとえば

JRの負担を増やすとか

JRの利用者に課す新税を導入するとか

反対理由をつぶすとか
 琵琶湖線に接続する場所に駅を作るとか
  (野洲駅近くになんとかなりませんか)
 建設費を削減するとか
  (新花巻ぐらいの規模でなんとか)
 のぞみを止めるとか・京都駅を不便にするとか

いくつも方法はあるのだから
努力をせずに実現したいという考えは甘いです

投稿: XXX | 2008年10月18日 (土) 20時09分

<XXXさん>

>JRの負担を増やすとか
>JRの利用者に課す新税を導入するとか

今回のことは「地元においての誘致運動が発展して、地元から建設してほしいという話しが出た」ことによって始まった話しなので揉めているのであって、JRの側から積極的に建設したいという話しが出ていたのなら、そういう費用負担方法もあるんでしょうね。
ただ、鉄道建設のために新税を用いるのは、最終手段にした方がいいような気がします。既存の税金について、用途変更することにより鉄道建設へ振り向けた方が、ずっとスマートなやりかただと思います。

>反対理由をつぶすとか

場所をどうするとかは、地元できちんと話しを付けてから、JRへ話しを持っていくべきだったんでしょう。

誘致賛成者と誘致反対者がそれぞれ意見してJRに判断させるのは、どちらの結果を出すにしろJRが批判をかぶることになってしまいます。
建設へ動き出してから「やっぱしヤメ」なんて言われたら、裏切られたと思う人だっているんじゃないでしょうか。

投稿: ちゃいにーず | 2008年10月18日 (土) 21時06分

>建設へ動き出してから「やっぱしヤメ」なんて言われたら、裏切られたと思う人だっているんじゃないでしょうか

それならなぜ、新駅に否定的な知事が誕生する
事態を招いたのですかはっきりいって
否定的な知事が誕生する前に対策を立てるのは
当然のことだし誕生してから対策したって
台風が通り過ぎた後に堤防工事をするようなものであり
最早、中止に向かう流れを止めることは
非常に難しいと言わざるを得ません

新駅を実現するためには絶対に負けられない選挙に
負けたのが原因である以上中止はしょうがないです

それに滋賀県にできることは建設費を支出しないこと
これが最大にして唯一の武器であったのだから
滋賀県の負担分を補填する財源さえ、見つけられさえすれば
実現は難しくなかったかもしれません

そのために、新しい財源を確保するのにできることと言えば
新規の独自課税しかないのではと思います
この新駅で受益を得る回数が多いのは
新幹線の利用者である以上利用者に負担をお願いするのは
おかしな話では決してありません

栗東市を通過する現在の利用者に薄く負担を求めれば
不可能ではなかったと思います

ホントは借金して完成後新駅利用者に負担を課すのが
ベストとは思いますがそれは不可能ですので

投稿: XXX | 2008年10月19日 (日) 22時31分

<XXXさん>

>最早、中止に向かう流れを止めることは
>非常に難しいと言わざるを得ません

そうでしょうね。
自分はにとっては、以前の記事で利用しない立地であろうとこを書いているのですが、たとえ一部でも積極的に利用したいと思っていた人には無念なことだと思います。

(南びわ湖どうするの)
http://chinese.cocolog-nifty.com/ganbarimasen/2006/07/post_6bc9.html

>滋賀県の負担分を補填する財源

地元が負担するという前提条件が整ったから建設する話しだったので、肝心の地元によって「事情変更だ」とか「カネなんか払わせんぞ」と言われてしまえば、それによって発生する損害を負担してもらった上で中止ということは、最終的にはしかたがないんでしょうね。
個人的には納得しがたいことですけど。

投稿: ちゃいにーず | 2008年10月20日 (月) 01時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33339/11168225

この記事へのトラックバック一覧です: おカネの問題だけじゃない:

« 【レポ】06/07/29アイドル祭り@金山 | トップページ | 九州行くなら新幹線 »