« 【レポ】06/10/28MoeDraGirL@平針 | トップページ | 台湾高速鉄道は12月7日開業 »

2006年10月29日 (日)

【レポ】06/10/28藤谷美紀@名駅

きのう行われた、藤谷美紀のイベントに参加してきました。

【名称】アシェット婦人画報社×ジェイアール名古屋タカシマヤ
     コラボレートウィークス 藤谷美紀トークショー
【日時】2006(H18)年10月28日(土) 14:04~14:32
【場所】JR名古屋タカシマヤ(名古屋市中村区)

【進行】
(澤田修のナビゲートで進行)
「中学2年まで名古屋在住」
覚王山にある学校だったので、栄のピザ屋に行ったりしていた。あんかけスパゲッティは食べたことがない。味噌煮込みは大好きで、舞台で名古屋に来たときには週3回食べていた。
「名古屋と東京のファッションの違い」
「最近のファッション」
カシミヤのマフラーに凝っている。
「上京直後のこと」
「好きな仕事」
舞台の仕事は長期間にわたって、共演者と家族的雰囲気になれるから好き。
「役作り」
プライベートのときは役のことはスパッと忘れる。
「思い出の舞台」
放浪記(森光子)や黒蜥蜴(美輪明宏)について。
「日常のこと」
ストレッチはかかせないので、ヨガのスタジオに通っている。食生活では玄米や温野菜を摂るようにしている。
「今後の活動」
映画“日本の青空”の撮影。

【感想】
・この前にナディアパークであった飯塚雅弓のイベントに出向いたのですが、満員になってしまってフリー入場できないとのこと。さすがネームバリューだなぁ。ということで、余裕をもって名駅まで移動。15分ほど前に現着して席も確保できました。観客は150くらいだったと思います。老若男女取り合わされた客層でした。

・藤谷美紀が出てきた瞬間、観客から歓声とため息が。美少女と言われただけあって、やっぱし「きれい」という言葉がよく似合う女性でした。自分の中ではあまり「しゃべる」というイメージがなかったので、どんな進行になるのか気になっていたのですが、うまく進行されていました。レポを書いていて感じたのは、もっとファッションのことを話していたはずなのに、メモには全然残っていないこと。興味のないことは意味が理解できないから、メモにも残らないんでしょうかね(^^;)。

|

« 【レポ】06/10/28MoeDraGirL@平針 | トップページ | 台湾高速鉄道は12月7日開業 »

レポ」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
バリーと申します。

美紀ちゃんのイベントってあったんですね~♪
私は彼女がアイドルやってた頃、ライブを見に行くほどの大ファンでした。
最近では女優さんとして活躍されてますね。
今度こういうイベントがあったら是非参加してみたいです。

今後ともよろしくお願い致します。

投稿: バリー | 2006年10月29日 (日) 21時03分

行ってこられたんですね、姪っ子のところへ(笑)。
覚王山の学校へ通ってたってことは椙山ですかね!?

投稿: STABLE | 2006年10月29日 (日) 21時30分

<バリーさん>

アイドルをしていたというのは記憶のかなたにはありますが、具体的な活動がよく思い出せません。そのくらい遠い思い出になってしまったんですよね。

イベントで「コンテストが19年前」とか言われたときに、そうなのねと感慨にひたったりして(^^;)。

投稿: ちゃいにーず | 2006年10月29日 (日) 23時08分

<STABLEさん>

行ってきましたよ。姪っ子のイベントへ(^^)。

覚王山の話しはきのうが初耳でした。てっきし地元の公立中学とばかり思ってました。
レポでは省略しましたが通学ルートのことを話してましたので、知っている人が聞けば実家の場所が予測できてしまうなと思いながら聞いてました。家族で上京してしまったから、話してもかまわないと考えたのかもしれませんけどね。

投稿: ちゃいにーず | 2006年10月29日 (日) 23時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33339/12472298

この記事へのトラックバック一覧です: 【レポ】06/10/28藤谷美紀@名駅:

» 平和憲法を守る映画『日本の青空』 キャスト決定!! [第4権力研究所]
 知られざる憲法学者・鈴木安蔵を主人公に、憲法の大切さを訴える映画『日本の青空』のキャストがようやく決まった。鈴木安蔵役に高橋和也。アイドルグループ「男闘呼組」の出身で、最近では『出口のない海』の冷徹な大尉や『純情きらり』の負傷帰還兵の役などが印象に残る。憲法の映画に高橋和也氏はちょっと意外な感じだが、『純情きらり』のサイトで、「浩樹をはじめ多くの人たちの運命を大きく変えた第二次世界大戦は、当時を知る人もだんだんと少なくなり、今では遥か遠くの時代のようになりつつあります。そういうなかで、こういう役を... [続きを読む]

受信: 2006年11月 4日 (土) 03時26分

« 【レポ】06/10/28MoeDraGirL@平針 | トップページ | 台湾高速鉄道は12月7日開業 »