« 2月のイベントチェック | トップページ | アイドリング!!!来るんだ・・・ »

2008年1月20日 (日)

コンサドーレへの優遇措置?

先ほどYahoo!ニュースを見ていたら、このような記事がありました。

安易に公費を支出した道と市の責任も問われそうだ。

札幌市と北海道がコンサドーレの運営会社に融資をしていたものの、具体的な元金返済計画がなかったために回収不能状態になっているようです。

プロスポーツは民間の力で維持できる程度でやってほしいと思っている自分としては、そもそもサッカーチームを維持することに税金を使うこと自体に疑問を持っています。グランパスで同じようなことがあったら、そんなことに税金を使うなと思うだろうな・・・。

ただ、札幌市や北海道が何のために出資したのかは、きちんと見てあげたいなと思います。

いろんな事業に資金を提供することによって地域の活性化に貢献することは自治体の本来の役割である、という立場があるとすれば、資金が回収できなくたって許されることかなとも思えます。自分の趣味のことを思えば、マイカーばっかし使っている地域の鉄道を維持するために税金を使うのも、似たものと言えなくはないしね(*)。

個人的には、回収することを前提とすることがそもそもの問題という気もしますけど、そういう前提を持たなければ資金の提供ができないのでしょうか。

(*):「似たものと言えなくはない」のであって、同じとは思いません。どちらかにしか使えないのであれば、当然に鉄道へ使ってほしいと思います。

|

« 2月のイベントチェック | トップページ | アイドリング!!!来るんだ・・・ »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

ちゃいさん、ども。

多少贔屓目な発言になりますがご容赦ください。(^^;;

まともに返済計画も立ててないという意味では、貸す方にも問題がないわけじゃない。けどそれに甘えたHFC(コンサの運営会社のことね)にも一定の責任はあるでしょう。

今後、減資ならびに増資の話もあることから、何らかの経営責任は取らざるを得ないでしょうね。でないと納得されないだろうし。(実質的に出資者が損するわけだから)

サッカーだけじゃないですが、プロチームがあることで生じる経済効果は決して小さくないです。毎年5億、10億とつぎこんでるならまだしも、補助金は年1億くらいです。道内経済への貢献度の視点から見れば、費用対効果はかなり高いと思いますけど。

ほとんどOBを食わせるためだけにある、名前だけの外郭団体に、数十億単位で税金を垂れ流してるのに比べればタダみたいなもんでしょう。そっちのほうがよっぽど悪質に思える。

道は財政再建団体転落も現実味を帯びてるというのにね・・・。他人には厳しく、身内には大甘。

投稿: NON | 2008年1月21日 (月) 02時52分

<NONさん>

>道内経済への貢献度の視点から見れば

北海道というのが、事情を複雑にしてますよね。
同じ費用をかけることによる波及効果は、もともとの経済規模が小さい分だけ、より大きく波及しますから。

サッカーチームってめちゃくちゃに増えている気がしますけど、これからますますこのような事例が出てこないか心配です。

投稿: ちゃいにーず | 2008年1月21日 (月) 21時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33339/17762467

この記事へのトラックバック一覧です: コンサドーレへの優遇措置?:

« 2月のイベントチェック | トップページ | アイドリング!!!来るんだ・・・ »