« もったいない | トップページ | 高雄捷運はあした開業? »

2008年3月 8日 (土)

ねんきん特別便

自宅の郵便受けを確かめてみたら、少し前にニュースに出ていた「ねんきん特別便」が届いていました。封を開けて自分の履歴をチェックしてみました。

080308nenkin_001 080308nenkin_002

転職をしたことのない自分は、いまの雇われ先に就職してからの加入記録としては「資格取得年月日」や「加入月数」は間違っていないように思われます。どういう基準で「あなたの記録と結びつく可能性がある」と認定されたのか判然としませんが、将来において自分が受取る権利のある情報を提供してもらえたのは、いままでのことを振返るいい機会になりました。
就職する前に若干の空白があるような気がするけど、その辺りは「納付義務はないけど、将来の給付には反映しない」のか、「そもそも納付義務があったのに納付していなかった」のか、少し気になりますねぇ。

ものごとは、前向きに捉えていかないと。「不正を許さない」ことと「自分がストレスを抱える」ことは、次元を違えて考えることだもん。他人のせいで自分の命の限界が短くなるなんておかしいしね。

返信しないことは、延いては自分の不利益に跳返るかも。さて、どうするべか。


(2008.03.09追記)
とむ影さんのココログにトラックバックを打たせていただきました。

|

« もったいない | トップページ | 高雄捷運はあした開業? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 こんにちは。

* 就職する前に若干の空白があるような気がするけど、

 ここは一度確認しておいたほうがよいでしょう。自分が納付していなくても、実家のご両親が納付していたというケースは考えられます。

投稿: たべちゃん | 2008年3月 8日 (土) 16時44分

<たべちゃんさん>

>考えられます。

ぼくもおそらくは、その辺が正しくて、その情報が載っていないのかなと思ってます。
もう少し早く情報が来ていれば、休みを取る調整ができたのですが、この年度末という時期・いまの仕事量の兼合いで、どうしようかと思うんですよね。
そんなことを迷っている場合じゃないんですけどね。将来に禍根を残しちゃいかんことだし。

ニュースのできごとが自分にも降りかかってきて、現在進行形のことなのだと実感。

投稿: ちゃいにーず | 2008年3月 8日 (土) 22時04分

mixiからきました。

私も転職していないので対象外のはず・・と思っていたのですが??

実際のところ、20歳~社会人になるまでの間の国民年金の加入がすべて抜け落ちてました。

たぶん、私と同じだと思いますよ。

投稿: おぐ | 2008年3月 9日 (日) 10時08分

<おぐさん>

>私と同じだと思いますよ。

自分の疑問点もそこなので、そういう人が日本国内にものすごくおるということなんでしょうね。

救いがあるのは今回の文面がフローチャート式になっていて、どこをどう見ればいいのか、ある程度はわかりやすくしようという意識が読み取れたことです。

投稿: ちゃいにーず | 2008年3月 9日 (日) 17時56分

こんにちは。TBありがとうございました。
私は若い頃正社員になったり抜けたり、職場かわったりで、ずいぶん出入りがありました。
会社の正職員の時は会社が払ってくれますが、そうじゃなくなると自分で手続きをして自分で払わなくちゃいけなくて、その都度、市役所に足を運んだものです。
うっかり手続きをしなかったりすると、手続きしろ~国民年金や国民保険はらえ~という催促状(お知らせ)も律儀に来て、日本のお役人は律儀で優秀だな~と思っていたのです。それがこんなことになっているとは……


投稿: とむ影 | 2008年3月11日 (火) 18時34分

<とむ影さん>

>手続きしろ~国民年金や国民保険はらえ~

自分は1回のことなので思い出せますが、何度も出入りがあったりすると、どこがどうだったのかわからなくなってしまっている人もいそうですね。

投稿: ちゃいにーず | 2008年3月16日 (日) 10時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33339/40424415

この記事へのトラックバック一覧です: ねんきん特別便:

» ねんきん特別便 [海の底の昼下がり]
きました。数年前、年金番号が付与されたときに確認していたので大丈夫だと思っていま [続きを読む]

受信: 2008年3月11日 (火) 18時11分

« もったいない | トップページ | 高雄捷運はあした開業? »