« きょうの駅(080510) | トップページ | 2度めのAKB劇場 »

2008年5月11日 (日)

381系の思い出

神領電車区にいた381系がいなくなっていることが、ネットでいろいろ書かれているようです。ふだんなら確認して記事にもでき得るのに、いざそうなると現地に見に行けない不運(>_<)。

小学校のころ親にねだって、年に1回国鉄在来線特急に乗る旅行に出かけていたのを思い出しました。そうでもしないと、名古屋近郊で国鉄に乗る機会なんて、ほとんどなかったもんなぁ。実際に小学校のころだと、在来線の普通電車は東京の親戚んちに行ったときくらいしか乗れない存在で、せいぜい土曜日の昼間などに神宮前の歩道橋から眺めているくらいしかできませんでした。
381系で特に記憶に残っているのは、ものごころをついたとき(*)にはすでに電車好きだった自分が、その小学校当時に松本へ旅行した際に、不覚にも「電車酔い」をしたからです。乗る前はカッコイイ電車というくらいしか印象がなかったけど、後からあれは振子電車だと知った当時のことを、懐かしく感じたりしました。
電車酔いをした記憶って、その初めて381系に乗ったときと、就職活動で極度に緊張していた静岡移動のこだまくらいだもんな(^^;)。

ところで、美濃太田の381系も、金城埠頭に来るんでしょうかね(^^)。

(*):ここでいう「ものごころをついたとき」とは、「興味のあることが何なのかを、自分自身が認識したとき」という意味で使っています。

|

« きょうの駅(080510) | トップページ | 2度めのAKB劇場 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33339/41165694

この記事へのトラックバック一覧です: 381系の思い出:

« きょうの駅(080510) | トップページ | 2度めのAKB劇場 »