« 生まれ変わるならあの時代 | トップページ | 全日空の台北便廃止 »

2008年7月12日 (土)

クロネコヤマトは使えないの

宅急便という名称で有名なヤマト運輸ですが、その「ご不在連絡票」が入っていたので、電話にてきょうの再配達を依頼してました。

1時間待ち、2時間待ち・・・ネットで配達状況を調べてみたら、持戻になっていました。夕方からずっと自宅で待機していたんですけどね・・・・・・。電話応答にしたがって、連絡先の電話番号も入力したのにね・・・・・・。連絡をしないまま営業所に戻ってしまうなら、電話番号を入力する意味がないよ。郵便局の経営力をズタズタにしてきた成果がこれでは、日本社会にとってのやっかいものになりかねません。

ん?

ぼくあての荷物「だけ」配達しなかったにすぎないのだから、日本自体がダメになってしまうわけじゃないですよね。早とちり早とちり。日常におけるぼくの行いがよくないだけだよ。たまたまだって(^^;)。

|

« 生まれ変わるならあの時代 | トップページ | 全日空の台北便廃止 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。お久し振りです

ヤマトなら、ドライバーさんに直接TEL
した方が早いですよ。
不在連絡票に携帯の番号がかいてあると
思います。

投稿: しっちい | 2008年7月13日 (日) 22時13分

<しっちいさん>

ごぶさたしております。

>ドライバーさんに直接TEL

自分が「きょうは来ないな」と思った時刻が、もう不在票の時間帯経過後だったんです。よくできた話しで。

携帯番号が「ドライバー個人持ち携帯」なのか「車両常備携帯」なのかはわかりませんが、掛けていいと言われた時間以外にかけるのは躊躇するんですよね。
万が一にもつながってしまったら、クレーマーになってしまいそうだし(^^;)。

投稿: ちゃいにーず | 2008年7月14日 (月) 00時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33339/41815607

この記事へのトラックバック一覧です: クロネコヤマトは使えないの:

« 生まれ変わるならあの時代 | トップページ | 全日空の台北便廃止 »