« 「黄色い線の内側まで」は少数派? | トップページ | パノラマカー6連車のさよなら運転 »

2008年9月13日 (土)

【レポ】08/09/13AKB48@栄

きょう行われた、AKB48の公演に参戦してきました。

【名称】『SKE48公演開始まであとわずか!
      最後の気合を入れにAKB48がやってきた!』 公演
【日時】2008(H20)年09月13日(土) 16:17~17:57
【場所】サンシャインスタジオ(名古屋市中区)

【進行】
曲目については、ひまわり2ndと同じなので、公式ホームページを参照。

開演前の影アナは前田、終演後の影アナは大島(優)でした。

<MC>
「AKBのいいところ、SKEへのメッセージ」(自己紹介時、リードは前田)

(前列上手側から)
早野:いい意味で刺激しあえたらいいと思います
藤江:いい意味でライバルになれたらいいなと思います
宮崎:SKE48に負けないように、いろんなことに積極的に挑戦したい
前田:わたしたちは秋葉原でがんばっていますが、SKEのみんなは栄でがんばってほしいなと思います
佐藤(夏):楽しみながらやっていければいいなと思います
戸島:AKBは姉妹みたい、SKEは新しいのでメンバーがいやがるくらいにからみたい

(中列上手側から)
大堀:(SKE48に)セクシー担当が現れるとビクビクしちゃう
増田:初心の気持ちを忘れずに・・・(#自分で極まった感じでした)
佐藤(由):逆に気合いを入れてもらえるようにがんばってほしい
小林:気合いを入れるために、こう言いたいと思います(アニマル浜口のマネで?)きあいだー!
小野:自分のカラー・SKEのカラーを、見つけてくれたらいいなと思います。

(後列上手側から)
倉持:SKE48に負けないように、もっともっとがんばりたい
板野:ここ(=スタジオ)は大人っぽいので、公演をするところをぜひいちど見に来たい
秋元:学ぶところがたくさんあるので、(AKB48も)これからも成長を続けていきたい
野呂:SKEのみなさんはわたしたちをよーく見て、悪いところは・・・(#聞き取れませんでした)
大島(優):気合いを入れるためにということで、フレッシュさに負けないように髪を切ってきた。向上しあえるようになればいいと思います。

(「Confession」後)
大堀:「優子ちゃん、どうしたの!その血!」
(大島が手当てしているのかわからない中、会場の雰囲気についてトーク)
大堀:(観客に向かって)「食べちゃうよー!」
大島(優):「逃げて!観覧車に乗って!」
大島(優):「ハケていいかな?(ケガを)逆に心配するよね」
(ハケたのが原因か、そこでMC終了)

「第1回大抽選会」(「生きるって素晴らしい」後)
メイン進行は、野呂・大島(優)・佐藤(由)・戸島
賞品はA4th千秋楽・A5th初日チケット(各10人)

成田自己紹介(#第2回の途中だったかも)

あいさつ(「50%」後)
前田:もうすぐデビューするSKE48もかなりのやる気があるので、わたしたちも負けないようにがんばっていきます。AKB48とともにSKE48も応援よろしくお願いします。

「第2回大抽選会」(「ハートが風邪をひいた夜」後)
賞品はSKE48初日チケット(16人)
SKE48初日の告知
大島(優):おめでとうございます。すごく楽しみですけども。初日といいますのが・・・日にちが・・・10月5日でございます!
増田?:初めて聞きましたよね?!
大島(優):当選されたかたも、されなかったかたも、ぜひ見に来てくださーい。

【感想】
・地元での公演で、なおかつSKEプレイベントとしての要素を持つ今回の公演なので、地元民なら多少の手ごころ・・・なんてのは全く甘い考えであって、キャンセル500番台というメール着信。300人が会場に入るということですから、200人以上の辞退者がいないと中には入れない状況。ふだんなら「行くかどうか迷う」と言うところですが、地元なので行きましたよ。行きたかったし(笑)。ぼくが現着したギリギリ15時20分の時点で、栄交差点の少し前まで列が延びてました。
・とりあえず「最後尾」のプラカードを持っていたスタッフさんのところに並んだのですが、たぶん地下のモニタースペースに直接入るのが正答な行きかただったんでしょうね。メールには「モニター観戦はできる」旨のことは書いてあったけど、何となく「説明が中途半端だな」とか「誘導がなかった気がするんだけど」と感じたのは、自分がまだ慣れていない証しなんだろうと思います。なにぶんにもこちらは「システムがよくわかってない初心者」なんだからしゃあないのです。

・東京で見ていると定刻開演させることに、スタッフさんが注力していることを感じます。この日は影アナが16時10分ころ・開演も15分以上は遅れていて、切り回しするスタッフさんの技量がどうしても足りないところなのでしょうけど、ふだんがふだんなだけに気になりました。今回の公演はあくまで「SKEの事前準備」ですから、本番にきちんとできとればいいんですけどね。
・公演中はモニターだったので中の状況がわからなかったのですが、メンバーの反応を見ていると「盛り上がっているのか心配」という感じでした。ユニット時における「となりのバナナ」での小林や抽選会時の野呂は、本人はかなりがんばっているようにモニター越しでは感じたのですけど、どうだったんでしょうかね。その辺りは関東からの猛者がキチンと反応してあげたんだと思いたいです。名古屋人は会場での雰囲気がまだわかんないんだし、今回の公演実施にあたって居住地を明記させ、遠征者にも当選させているのはその辺の配慮だと思ってます。盛り上がりについての心配なんて、外で見ざるを得なかったぼくの杞憂でしょうね。きっと(^^;)。

・抽選会が2回あったのですが、ほぼ最終で来た自分が受け取った番号は0807でした。第1回の途中で「1000以上は配布されていない」ということで、該当分について引き直しがされたのですけど、実際には「当選した人が現地にいない」という空番号が結構あったのかなと思われます。
・モニター観戦については、秋葉原で見るよしか「ずっといい画面」で見れるなと思いました。画面自体が大きくて後方からでも見れるし、カメラが複数入っているようで切り替えやアップもあります。定点ならではの持ち味もあるけど、自分的にはいい感じでした。ただ「一般客の視線にさらされること」については慣れないものです。慣れたら慣れたで、そんなお前でホントにいいのかとは思いますけど(汗)。

#野呂の自己紹介は肝心のところが聞き取れずに残念。きっと「アイドルにとって欠かせないこと」を、毒を混ぜながら言ったんだと思います(邪推)。気になるなぁ。誰か教えてくれないかな。

|

« 「黄色い線の内側まで」は少数派? | トップページ | パノラマカー6連車のさよなら運転 »

レポ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。お久し振りです。

モニター観覧って、お金いるのですか。

AKBは抽選に当たらないと入れず、
劇場へは気軽に入れない様で、
ものすごく敷居が高く感じます。
SKEだとどうなのでしょうかねぇ

投稿: しっちい | 2008年9月14日 (日) 04時41分

>戸島:AKBは姉妹みたい、SKEは新しいのでメンバーがいやがるくらいにからみたい

これは笑ってしまった(^^)


しかしセットリストがひまわり2ndってのはどうなんでしょうね!?
普段見られない人たちが集まることを考えると、盛り上がったのかなぁとちょっと疑問ですけど(^^;

投稿: STABLE | 2008年9月14日 (日) 07時27分

<しっちいさん>

ごぶさたしております。

>モニター観覧って、お金いるのですか。

モニターを見とるだけだったら無料ですよ。

秋葉原だとイチバン上のフロアなので、自分も最初は「行きづらいなぁ」と思っていましたが、そのうちに慣れてしまいました。
栄はモニターが表通りから丸見えなので、SKE48を知ってもらうという点では秋葉原よしかいいんですが、反面で「モニターを見ている自分が衆目にさらされる」という難しい問題があります(^^;)。

投稿: ちゃいにーず | 2008年9月14日 (日) 10時41分

<STABLEさん>

>セットリストがひまわり2ndってのはどうなんでしょうね!?

ぼくも勉強にはなったのですが、ほとんど知らない曲(^^)。

幸いにも女性客が多かったのですから、はためにはシングル曲をたくさん混ぜてもいいかなと思うけど、セットリストが崩れると、メンバーが多すぎて調整ができないんでしょうね。そういうシステムができ上がってしまっているだけに(^^;)。

投稿: ちゃいにーず | 2008年9月14日 (日) 14時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33339/42467423

この記事へのトラックバック一覧です: 【レポ】08/09/13AKB48@栄:

« 「黄色い線の内側まで」は少数派? | トップページ | パノラマカー6連車のさよなら運転 »