« 舞子と青森に行ってきました(青森編2-2) | トップページ | きょうのC×D戦(090917) »

2009年9月16日 (水)

友好都市に関することでも、モノを言う市長

Yahoo!ニュースを見ていたら、このような記事がありました。

「当時の南京の人口より多いので絶対違う」と否定し

9月15日の名古屋市会における、自民党の東郷市議の質問に対して、このように答えたととのことです。
河村たかしがこのような考えを持っていることは、以前から知ってはいましたが、それは民主党におる立場としてのパフォーマンスと思っていました。いまでも、河村たかしは胡散臭いという考えを、どうにも吹切れていないところです。

しかし、野党だった民主党国会議員時代に発言したことを、南京と友好都市である名古屋市長という立場にあっても、堂々と同じ意見を言ってくれたことには評価をしたいです。
他者から一方的に言われ続け、辛い思いを内心に抱えさせられていることに対して、「それはおかしいんとちゃうか?」とリーダー自ら言ってくれました。
それだけで支持するかどうかは別に置いとくとしても、ありがたい答弁だと感じます。

できるだけ早いうちに、議事録を読んでみたいものです。じっくし読んでみれば、また違う感覚を覚えられるのかと思っています。


(参考記事)
 <河村名古屋市長>南京大虐殺「誤解されて伝わっている」
  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090915-00000041-mai-soci

|

« 舞子と青森に行ってきました(青森編2-2) | トップページ | きょうのC×D戦(090917) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33339/46228952

この記事へのトラックバック一覧です: 友好都市に関することでも、モノを言う市長:

« 舞子と青森に行ってきました(青森編2-2) | トップページ | きょうのC×D戦(090917) »