« JR東日本の上越駅に対する態度表明 | トップページ | 台湾から見た商品価値 »

2009年12月10日 (木)

東京移行を身近に感じること

Yahoo!ニュースを見ていたら、このような記事がありました。

大丸は大阪、松坂屋は名古屋とそれぞれ江戸時代から続く創業の地から本社を移すことになる。

自分に近しいことでいえば、東海銀行と同じようなことが百貨店の分野でも行ったのだなという感じです。東海銀行のときのようなワンクッションがなくて、めっちゃんこな収奪感で「シャクにさわる」のですけど、さりとて捨てられないのも「松坂屋ブランド」。そういう部分に付込まれているのでしょうね。きっと。

冬には買いたいものがいくつかあって、候補に松坂屋も入っとったんだけど・・・。
松坂屋は行ってはみますが、何気に勢いがしぼむなぁ。

地方の人間は「中央を見なければやっていけない」のだという現実を、意識をしないうちにも作られていくのをあらためて感じました。


(参考記事)
2005.07.03 MTFGからMUFGへ
Yahoo!ニュース
 「大丸・松坂屋 合併本社は東京に」
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091208-00000013-fsi-bus_all

|

« JR東日本の上越駅に対する態度表明 | トップページ | 台湾から見た商品価値 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33339/46988816

この記事へのトラックバック一覧です: 東京移行を身近に感じること:

« JR東日本の上越駅に対する態度表明 | トップページ | 台湾から見た商品価値 »