« きょうのできごと(100501) | トップページ | ウィキペディアでのSKE48 »

2010年5月 2日 (日)

独立宣言をする必要はないんだけど

Yahoo!ニュースを見ていたら、このような記事がありました。

「中華民国は99年にわたり主権を持つ独立国ありつづけた」、「改めて独立を宣言する必要はない」と述べた。

台湾は中華人民共和国と全く違う国家だし、中華民国という国ができてから100年弱の歴史を持っていることもわかるので、いまさら独立宣言する必要がないことは思うんです。そもそも、どこから独立するかについて、いま言っても現実感がないですし。
いま気になっているのは「台湾は中国じゃない」と言えないことが、国際社会の仲間入りが難しい状況の原因なわけで・・・。
大陸を出自とする国民党政権が、まだ日本領有下にあった台湾になだれ込んできたから、話しがややこしくなったんですよね。

日本はすでに台湾の主権を放棄しているし、台湾のいまの体制は日本社会に有益なはずなので、強く言うこともなかなか難しいのでしょうが、どうにももどかしいものです。

自由時報ホームページにも記事がありました。
CNN專訪/對主權讓步? 馬斥子虛烏有
http://www.libertytimes.com.tw/2010/new/may/1/today-fo2.htm


(参考記事)
2006.09.19 台湾に行ってきました(5-2)
2007.11.03 こわかったころの台湾
2009.01.22 いまの台湾は台湾です
2009.04.29 中華民国の立場
Yahoo!ニュース 「中華民国は独立宣言する必要なし」―台湾・馬英九総統
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100501-00000024-scn-cn

|

« きょうのできごと(100501) | トップページ | ウィキペディアでのSKE48 »

台湾」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33339/48245585

この記事へのトラックバック一覧です: 独立宣言をする必要はないんだけど:

« きょうのできごと(100501) | トップページ | ウィキペディアでのSKE48 »