« 2010年7月のSKE栄公演 | トップページ | さくら水産のランチを初体験 »

2010年6月30日 (水)

珠理奈には家族を食わせるという覚悟が見える

きょう発売のBUBKA(2010年8月号)を読んでいたら、このような発言(52ページ)がありました。

今月号では6月号に引続き、湯浅支配人のインタビューが掲載されていますが、(ぼくの中では)「ついにこの発言が!」という思いです。支配人がKⅡの話しをしに来たという割には、ぼくがイチバン反応してしまったのは件の言葉なわけで(^^;)。
 
雑誌のことですから、例えや比喩という視点でこの言葉を用いている部分もあるのでしょう。でもぼくは、SKEを見るに当たって(オシの姿勢を外して見た場合に)・・・

   「珠理奈は絶対に母親思いである」
   「阿比留はSKEがあったから更生できた」

というストーリーをとても重視(妄想)しているので、その一端が垣間見れた気がする、とても興味深いインタビュー記事でした。

-----

ところで今月号のBUBKAは、表紙にある「あっちゃんAKB48大特集だってよ」の言葉に違わぬ、大いなるボリュームがありました。

01:BUBKAしかできないAKB48選抜総選挙未公開生写真SP
  (11ページ)
02:月刊AKB48マニアクス(Vol.27)
   「激戦の裏側で何があったのか」 (3ページ)
03:「AKB48総選挙」のために245万8000円を使った男の壮絶ドキュメント
   本誌ライターがCD1535枚を購入 (2ページ)
04:DDTプロレスリング高木三四郎も奮えた!AKB総選挙の衝撃
  (2ページ)
05:アイドルを救え!特別編
   アイドル新大陸への誘い。 (3ページ)
06:AKB新宿2丁目総選挙 (1ページ)
07:2ケ月に及んだ総選挙ついに終止符!
   田名部生来選抜入りならず (2ページ)
08:前田敦子王座陥落の理由と宿命 (2ページ)
09:松井珠理奈「早すぎた伝説」の行方 (2ページ)
10:SKE48劇場支配人・湯浅洋が激白!!
   「今日はKⅡの話をしにきたんですよ!」 (3ページ)
11:ホリエモンが語る「盟友」秋元康 (1ページ)
12:宇多丸のマブ論
   「AKBvsハロプロvsアイドリング!!!」バトル・ロワイヤル開始! (1ページ)

#おみそ汁のホットな話題が間に合わなかったのはもったいない(^^;)。BUBKAにはその分野向けのインタビュー欄もあるので、そのうちにはやってくれるのでしょう。いかなる圧力にも屈しない雑誌の姿勢を、太っ腹な運営の姿勢を、それらの結晶をぜひ見たいものです。

|

« 2010年7月のSKE栄公演 | トップページ | さくら水産のランチを初体験 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

今月は面白いですね。

「早すぎた伝説」と支配人インタビュー、どちらも珠理奈へのAKBヲタのアンチ心について触れてますがまぁそうだろうなと思います。
そしてSを観てみれば理解できるのに、っていうのもその通り。

アメブロで「木崎ゆりあちゃんが将来のエースと言われることにどう思いますか?」なんて質問をこのタイミングで自ら取り上げるのかと思いました(^^;

投稿: STABLE | 2010年7月 1日 (木) 06時42分

<STABLEさん>

>いうのもその通り。

見かたを変えれば、ふだん言っていることが文字になっただけ、ということなんですかね(^^;)。
厳しく聞こえました(笑)。

投稿: ちゃいにーず | 2010年7月 2日 (金) 21時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33339/48762324

この記事へのトラックバック一覧です: 珠理奈には家族を食わせるという覚悟が見える:

« 2010年7月のSKE栄公演 | トップページ | さくら水産のランチを初体験 »