« 九州旅行(2010年8月その1)の移動行程と食事 | トップページ | 2010年秋に向けての遠征計画 »

2010年8月22日 (日)

100年経ちました

日本にとっては自存のため、アジアにとっては大国侵略阻止のために、かつての両国が気持ちをわかちあったことに思いをいたす日です。

それから数十年経って、国レベルでは取消すという意味合いによる「もはや無効」という言葉づかいをすることで両国間の合意ができ、その後の現在に至っているところですが、日本と友好関係を構築するべきだという人たちの考えは、100年前のことであろうといまであろうと、日本で生きるひとりとして尊重したいと思っています。

そう思うことが、弱国たる日本で生きていくための、数少ない道筋なのですから。
平和な日本で過ごせることは、ありがたいことです。

|

« 九州旅行(2010年8月その1)の移動行程と食事 | トップページ | 2010年秋に向けての遠征計画 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 おはようございます。

* それから数十年経って、国レベルでは取消すという意味合いによる

 相手の国にとっては屈辱的な事実かもしれませんが、「無効」として取り消せるものではないでしょう。当時としては世界に認められた事実なのです。

投稿: たべちゃん | 2010年8月23日 (月) 05時34分

<たべちゃんさん>

>世界に認められた事実なのです。

いかに歴史が経とうと事実は事実で変わりようがないとは思っています。

無効という言葉づかいは誤解を招くので、とても引っかかる表現ですけど、国レベルで解決するための事情があったんでしょうね・・・。もどかしいです。

投稿: ちゃいにーず | 2010年8月25日 (水) 19時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33339/49061447

この記事へのトラックバック一覧です: 100年経ちました:

« 九州旅行(2010年8月その1)の移動行程と食事 | トップページ | 2010年秋に向けての遠征計画 »