« 地名は地名です | トップページ | リニアに関して、小委員会答申案まとまる »

2011年4月20日 (水)

東日本大震災と台湾(続)

Yahoo!ニュースを見ていたら、このような記事がありました。

台湾外交部はこのほど、「台湾の人びとの気持ちに対する日本の謝意は十分に届いている」と発表した。

そういうことにこだわること自体がそもそもどうなんだとは思いますが、日本も台湾もアジアの中では大国が風を少し吹けば飛びかねない事情にあるので、やむを得ないのでしょうね。

台湾週報にも同旨の記事があります。

日本政府がわが国の日本に対する関心に注目していることがわかる。

台湾週報では、記事によって「台湾」と「中華民国」を微妙に使い分けています。国情によって、それもあり得ることとは承知しつつも、台湾が「『自分たちは、中国ではない』と自ら言ってくれれば、余計な悩みを互いに抱えなくてすむのに」と、日本に住むひとりとしては、何度も書くのですがやっぱし思うのです。


(参考記事)
2007.11.03 こわかったころの台湾
2008.03.16 台湾の呼称
2010.02.17 台湾について疑問に思ったこと

Yahoo!ニュース
「日本の謝意は十分に届いた」 台湾紙への広告掲載騒動で
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110419-00000052-scn-cn

|

« 地名は地名です | トップページ | リニアに関して、小委員会答申案まとまる »

台湾」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33339/51445255

この記事へのトラックバック一覧です: 東日本大震災と台湾(続):

« 地名は地名です | トップページ | リニアに関して、小委員会答申案まとまる »