« 2012年春、東山線優先席に変化あり | トップページ | 飛騨に行ってきました(2-1・白川郷篇) »

2012年3月24日 (土)

マナカとmanacaの違い

通勤電車の吊り広告を見て、マナカとmanacaの違いをあらためて感じました。

名鉄電車の吊り広告によると、manacaのたまルンとANAの連携サービスが始まるようです(名鉄該当ページはこちら)。


ぼくが期待している「全日空のマイレージをICカードの電子マネーにチャージ」とは違いますが、全日空にとって無視できない存在である名鉄がこういうサービスを始めると、新幹線との競争を続ける意思を感じられて期待できるようで、自分も「福岡もっと行こうかな」なんてモチベーションが維持できます。

ただ、残念ながら。

ぼくが持っているのは、manacaじゃなくてマナカなんですよねぇ。

以前にも記事にしたことがあるのですが、名古屋市交通開発機構が発行する「マナカ」とエムアイシーが発行する「manaca」では、電車やバスを乗る分には違和感をあまり持たなくてすむのですが、それ以外の付加サービスには独自のものがあるので注視が必要です。

名鉄と全日空という株式関連で組まれると、イチバンくやしいところに持って行かれるんです(>_<)。

|

« 2012年春、東山線優先席に変化あり | トップページ | 飛騨に行ってきました(2-1・白川郷篇) »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33339/54293295

この記事へのトラックバック一覧です: マナカとmanacaの違い:

« 2012年春、東山線優先席に変化あり | トップページ | 飛騨に行ってきました(2-1・白川郷篇) »