« ブリーズライト | トップページ | カケダセ!終了しました »

2012年3月13日 (火)

あの日から1年

毎週購入している週刊新潮では、SDN48のなちゅが「なちゅラリズム」という連載をしているところ、先週発売号(2012年3月15日震災1周年追悼号)におけるタイトルが標題のものでした。

今回の連載で気を引いたフレーズがふたつあって、そのうちのひとつが・・・

ブログに載せるために来た訳ではないのだ

という部分。
イモトアヤコと一緒に東北へ行った際、現地で写真を撮らないイモトのことをなちゅは気になったみたい。それをなちゅが口したとき、イモトが返した言葉になちゅが感じたのがこれだそうです。
ぼくにとってハッとさせられるものでした。興味があるから東北に出向いてそれを写真に収めること・・・。それはどうなんだろうと思うのです。

かつて神戸のときは、上司の親類が西宮におる話しを聞いて出向いてみた。
去年の東北のときは、知りあいが何人かおるから出向いてみた。

そこで直接そのときそのときで、会えたかもしれない人に会って話したんじゃないけど、それでもそのとき「とりあえず行っとこ」と思えなきゃ行けなかったなと思ったし、行った自分にどれだけのことができるかとなると、とりあえず撮るかしかできなかったし。

もうひとつ。なちゅは今週号の最後で・・・

被災地との温度差は計りしれない。たった1年で。

と、締めくくっています。
こういうのは、毎年夏休みの敗戦祈念特番でも似たようなことで、体験していないこと・言聞かされてないことは「知らない遠い話し」になってしまいます。

それをどれだけ実感あることとして伝えられるかが、伝えるものの技量なんでしょうけど、そういうことってできるのかなぁと思わされる、なちゅの連載でした。

|

« ブリーズライト | トップページ | カケダセ!終了しました »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33339/54214569

この記事へのトラックバック一覧です: あの日から1年:

« ブリーズライト | トップページ | カケダセ!終了しました »