« しまかぜ増備決定 | トップページ | 行けてないところ »

2013年10月31日 (木)

東京から選ばれる人は、自由が過ぎる行動をするのか

Yahoo!ニュースを見ていたら、このような記事がありました。

秋の園遊会で天皇陛下に手紙を手渡した

先の参議院選挙東京選挙区で当選した、ぼくは「ちょっと変な議員」だと思う山本太郎参議院議員が、天皇陛下に直接に手紙を渡した件で問題になっているようです。

こんな話しを聞くと、もしホントに手紙だったのなら「あんたは『自分は特権者だ』と、勘違いしとるんですか」と思ってしまいます。

選挙で選ばれたからには、言いたいことを言う前に「自分が選ばれるにふさわしかったか」を先に考えてほしいし、選ばれた日本国民以外の人からも「信用失墜しない行動をしない」よう、一般人よしか深い慎重を期してほしいところ、芸能活動をしていたからか元からの資質なのか・・・。そういうことをするんですね。
ぼくは東京都民じゃないけど、こういうことをされると、日本で生活するひとりとしては気分が悪い印象を受けるんです。

国会議員になったからこそ、日本はそもそもどういう国なのかを考えてほしいんだけどね。
東京からたくさん選ばれるとなると、選ばれる余地が大きい「自由すぎる街」であることは理解できました。人口比例にしようとすれば、しょうがないよね。

自由があるのは、ありがたいことだから。


#これが理由で「人口比例」の原則が崩れないことを願うんですけどね。人口比例が故に「日本代表に選ばれるのか」・・・って、どうしても・・・う~んと思うのです。選ばれる人が「自分がどう発信するか」を考えてほしいんだよなぁ。無理なのかなぁ


(2013.11.02追記)
桜里英一さんのココログにトラックバックを打たせていただきました。
(2013.11.03追記)
大好調さんのブログにトラックバックを打たせていただきました。

|

« しまかぜ増備決定 | トップページ | 行けてないところ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33339/58489321

この記事へのトラックバック一覧です: 東京から選ばれる人は、自由が過ぎる行動をするのか:

« しまかぜ増備決定 | トップページ | 行けてないところ »