« きょうのできごと(140716) | トップページ | 南信州に行ってきました(4-1きっぷ購入と前泊篇) »

2014年7月18日 (金)

週刊新潮にリニア京都誘致の広告記事

きょう(日付け的にはきのう)発売の週刊新潮を見ていたら、こんな(広告)記事がありました。

私たちは、京都駅南口の地下にリニア駅を設置することを想定しています。

週刊新潮自体は毎週購入しているところ、今週号にあった広告記事。門川大作京都市長・養老孟司・杉本彩の三者による鼎談が掲載されています。

どういう経緯があれば借りれるのかわかんないけど、広告するための鼎談を二条城でできるというのは、力が入っている証拠ではあるのでしょうね。
この広告記事でぼくが感じたのは、「国益を重視するべき」・(前提となる)「1970年代の新幹線構想とは条件が違う」という2点を強烈にアピールしていることでした。

こう言われると「さもなん」と思うのですが、それでも「京都はないよなぁ」と、漠然と思ってしまうのはなんでなんだろう。


ところで・・・


週刊新潮では毎号モノクログラビアページで、JR東海による京都広告を掲載しています。
リニア京都誘致の広告記事自体は新潮のリードによるものと思いますが、JR東海は奈良県経由を指向しているとぼくは理解しているので、「雑誌の広告主であるJR東海がどう思うのか」なんて余計なことを詮索してしまいました。

|

« きょうのできごと(140716) | トップページ | 南信州に行ってきました(4-1きっぷ購入と前泊篇) »

旅行・地域」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33339/60001610

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊新潮にリニア京都誘致の広告記事:

« きょうのできごと(140716) | トップページ | 南信州に行ってきました(4-1きっぷ購入と前泊篇) »