« 2015年北陸の旅(4-2:金沢・富山往復篇) | トップページ | 【レポ】15/03/28Jumpin'@野々市 »

2015年4月 9日 (木)

2015年北陸の旅(4-3:御経塚・北陸新幹線篇)

さる3月27日から1泊2日で行った、北陸旅行の記録です。

4-1 金沢競馬篇(3月27日)
4-2 金沢・富山往復篇(3月27日)
4-3 御経塚・北陸新幹線篇(3月28日・この記事です)
4-4 ●篇

4-2の続きです。


ことし初の北陸遠征。2日めは金沢市内の宿を出て・・・。


150328hokuriku_101 150328hokuriku_104

確か10時ジャストの小松行き電車に乗った気がします。
出発前には反対側に能登方面の電車がおって「415系には乗れんのか」とか、「すれ違う金沢方面の電車は、軒並み混んどるな」なんて思いつつ、野々市駅で降りてみました。


150328hokuriku_111 150328hokuriku_116 150328hokuriku_118

別目的(書ける余裕をつくって、別記事でアップしたい)で御経塚のイオンへ向かう途中、御経塚遺跡の公園を通り抜けました。お年寄りが朝早くからゲートボールをしているようで、こういう「リタイアした人が、のんびし過ごせる社会」をいまのまま持続できることが、「日本に生まれ育ってよかった」と自分で実感できることだなんて思いました。

#なかなか、難しそうだけどのん(^^;)。

御経塚での用を済ませて、また金沢駅へ戻ってきました。


150328hokuriku_122 150328hokuriku_124 150328hokuriku_128

北陸地区の新幹線は自由席乗り放題なので、金沢から富山まで「つるぎ710号」で移動しました。

北陸新幹線については「盛況である」というニュースと(想定外に)「盛況ではない」という、相半ばな評価があるという印象を受けていて。
現地に臨んでみると、金沢側から(富山までの)区間列車に乗ったからか3割のも満たないでしたが、金沢駅にはコンコースで始終、入場券の臨時きっぷ売場が出ていて「新幹線を目の前で見たい」人が少なからずおるんだという実感を受けました。

ここまで新幹線について北陸の人々に受け入れてもらえるならば、西側への延伸においては・・・やっぱし米原接続せねばと、個人的に思うしだいです。


150328hokuriku_129 150328hokuriku_130


富山は「南北結節ができてこそ」と遠ばくながら見ておるところ、こういう「むきだし感」がどう思われるのかは気になりました。
もっとも、先の記事でも書きたいのですが、富山は駅の南北連絡を気にしている感を受けるので、そな辺は応援をする姿勢で見て行きたいと思います。


(4-4に続きます)

|

« 2015年北陸の旅(4-2:金沢・富山往復篇) | トップページ | 【レポ】15/03/28Jumpin'@野々市 »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33339/61414265

この記事へのトラックバック一覧です: 2015年北陸の旅(4-3:御経塚・北陸新幹線篇):

« 2015年北陸の旅(4-2:金沢・富山往復篇) | トップページ | 【レポ】15/03/28Jumpin'@野々市 »