« マナカのオートチャージ機能搭載は、ことし春・・・らしいけど | トップページ | 2月10日から、知立駅上り線仮線化 »

2018年1月20日 (土)

この春の、近鉄電車ダイヤ変更(2018)

近鉄電車のホームページを見ていたら、このような記事(PDFです)がありました。

いろいろあれど、近鉄電車で気になるのは名古屋線かいわい。


名古屋線では、久居駅かいわいが目になりますね。


朝・夜時間帯に久居駅に停車する特急を増やします。


いままでも、久居での特急停車が「名古屋行き朝時間帯・名古屋発の夜時間帯」にかたいどったのは、久居近隣居住者の通勤需要に目を向けていたと思っていたところ、その辺りを更に重点化するということであって、中距離利用が多いのかなと思わせます。


一方で・・・


急行が新たに南が丘駅、桃園駅に停車します。


ホームページにも書かれていますが、これと引き換えに、津新町~中川間の普通電車が削減されそうです。


大阪線では先に、三重から奈良への県境で各駅停車区間の拡大(=快速急行の縮小・区間快速急行の廃止)があった気がするところ、閑散線区がない(はずの)名古屋線でもそういう戦略をするのかなと思ったしだいです。三重県中域でさえキツイのかな。

急行電車を停めてあげるけど、その代わりに普通が来んくなるみたいなんが、どんいう塩梅になるのか。自分が利用する駅に、時間当たり2本から3本・・・ってなれば、それは地元的に、結果的にOKになってしまうのでしょうか・・・。
三重県の中でも、近鉄の中央部分と思われるところは・・・大阪と名古屋の双方から削減されてしまっており、(中間地帯では、一時的に本数が増えたように見えども)長期的に見れば本数減というのが進んでいるようで、気になるところです。


(参考記事)
近鉄電車ホームページ
2018年のダイヤ変更について
http://www.kintetsu.co.jp/all_news/news_info/2018daiyahenkouv3.pdf

|

« マナカのオートチャージ機能搭載は、ことし春・・・らしいけど | トップページ | 2月10日から、知立駅上り線仮線化 »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33339/66302256

この記事へのトラックバック一覧です: この春の、近鉄電車ダイヤ変更(2018):

« マナカのオートチャージ機能搭載は、ことし春・・・らしいけど | トップページ | 2月10日から、知立駅上り線仮線化 »