« 東日本めぐり旅2018(その6・列車が来ない・・・からの篇) | トップページ | きょう(きのう)の金山駅 »

2018年3月 2日 (金)

東日本めぐり旅2018(その7・事故列変篇)

その6の続きです。

事故列変があったことについては、その6で記事にしているところです。
 
 
件の遅れを生じていた列車は、2月11日の「いなほ10号」でした。
列車内では、新潟駅の新幹線窓口で確認願いたい旨の放送が、何度も繰り返されてました。

で、新潟からは1本あとになる、とき338号の自由席に乗るよう言われるわけです。
ぼくは東海民だけに、Maxときのグリーン車に乗れる機会はそうそうないわけで・・・、新潟駅で「後続のMaxとき」でお願い・・・と言うのですが、駅員さんは完売なんで御勘弁・・・。

えきねっとでは、残席があるような気はしたけど、クレーマーになってはいけないので。


かの日の宿泊先は、最寄駅が新宿だったんです。
念のために、東京駅で確認すると、やっぱし「どこで最終下車ですか?」と聞かれたんで、新宿駅まで来ました。お姉さんに迷惑かけたのかな・・・僕の後ろにも、何人も並んどったし。

いなほ何号だとか、どこから乗車したか。当然ながら聞かれました。東京駅の駅員は聞かされとるんだろうけど、現場から離れれば離れるほど、対処に時間がかかります。会社間の連携はあるんだろうけど、これがもし地元まで帰る行程だったらどうだったんだろうのん。
 
 
180211jre_147

最初は、事故列変の特急券を手元に残したい旨を申し出たのですが、窓口嬢に丁重に断られました。
払戻ありの特急券だから、駅員的にスタンプだけで放免にできんのは理解できるんで、そな辺はしょうがないですね。

現金とクレジット履歴への返納を選択できるようだったので、クレジットへの返納を選択。
きっぷを手元に残せたらネタにできるけど、その場で現金にしたら「クレジット支払が現金戻し」という意味ではネタだけど、ぼくはそういう意味のことがしたいわけではないし。


180211jre_148

現金戻しだとその場限りになるんだろうけど、クレジット経由にしたから何がしかの記録が記されるのかな。

|

« 東日本めぐり旅2018(その6・列車が来ない・・・からの篇) | トップページ | きょう(きのう)の金山駅 »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33339/66383482

この記事へのトラックバック一覧です: 東日本めぐり旅2018(その7・事故列変篇):

« 東日本めぐり旅2018(その6・列車が来ない・・・からの篇) | トップページ | きょう(きのう)の金山駅 »