« 上野~大宮間の新幹線、時間短縮へ | トップページ | 先輩とのすれ違い »

2018年5月20日 (日)

スポンサーはありがたい

きょう、午前中に放送されていた、NHK杯将棋トーナメントを見ていました。
で、斎藤慎太郎七段と杉本和陽四段の対局は、斎藤が勝利しました。

この本質は、単なる勝ち負けではないと意識できたのが、意味あることでした。


アマチュアに見せるための負けかた


を、視聴者として見せつけられた気がしました。
ぼくは、いわゆる観る将であってサイドが気になるたちですが、きょうはめっちゃんこ見せてくれました・・・両者とも!
カメラに出る両者がうんぬん唸っている中、(ぼくが「こうやったら、どうなんかな」って思う差し手をいくつか示してくれて)、ここまで見せてくれるNHKなら存在価値あり・・・と思えました。

って思うだけなのがもどかしいけど、だで何かできるのもないしなぁ・・・でも、無くなったら困るんです。

|

« 上野~大宮間の新幹線、時間短縮へ | トップページ | 先輩とのすれ違い »

将棋」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33339/66739766

この記事へのトラックバック一覧です: スポンサーはありがたい:

« 上野~大宮間の新幹線、時間短縮へ | トップページ | 先輩とのすれ違い »