« 国交省で千歳線の大規模改修を計画 | トップページ | 伊藤かりんの連載が終了 »

2018年5月 4日 (金)

渡部愛が女流王位戦挑戦者に

渡部愛(わたなべまな)が第29期女流王位戦の挑戦者になったこと、それ自体は少し前のことになります。

女流王位戦五番勝負は来る9日から、札幌を皮切りに各地を転戦して行われますが、今月号の「将棋世界」誌では渡部愛女流二段のインタビュー記事が掲載されています。

こういう類いの記事が掲載されることは、特にめずらしくないのですが、今回ぼくが気になったのは「LPSA所属でも、カラーで特集してくれるんだ」ってことでした。


180502shogi_2

渡部は将棋連盟所属の女流棋士ではなく、また、デビュー時に当たっては(参加資格について、女流棋界が揉めていた時期であって)かなり気苦労のあっただろうことが想像できます。
記事においては、


精神的につらい時期もありました。だけど、それがあったからいまがあるといえます。こうして公式戦を指せることがとても幸せです


めっちゃんこ、謙虚だわ!

彼女はオブラートに包んだ言いかたで、前向きに捉えていますが、ウィキペディアに出てくる記事だけでも泥臭さが感じられます。また、渡部が所属するLPSA自身がこういう発表を出すようなことさえあったんですよね。連盟も連盟で、こんな対応をしてしまう時期もありました。

渡部本人の資質には関係のない、将棋連盟とLPSAのもめごとで、つらかっただろうってこと。


---


でも、将棋連盟の機関誌にこうやって取り上げられることは、将棋連盟とLPSAの歩み寄りがより深まっていることの証左と捉えたく感じた(=感じたい)インタビュー記事でした。


(参考記事)
日本女子プロ将棋協会ホームページ
2月22日の日本将棋連盟会見と声明について弊協会の見解
http://joshi-shogi.com/lpsa/news/kenkai_20130227.html

日本将棋連盟ホームページ
LPSA、渡部愛さんへの対応について
https://www.shogi.or.jp/news/2013/07/post_775.html

|

« 国交省で千歳線の大規模改修を計画 | トップページ | 伊藤かりんの連載が終了 »

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33339/66678260

この記事へのトラックバック一覧です: 渡部愛が女流王位戦挑戦者に:

« 国交省で千歳線の大規模改修を計画 | トップページ | 伊藤かりんの連載が終了 »