« 箱根そばと小田急完乗の旅 | トップページ

2020年3月 9日 (月)

西山三段、棋士は持ち越し

先週末の7日に行われた、第66回三段リーグの最終戦。西山朋佳は2戦2勝しましたが、それまでの成績が3位だったため、3位止まりになってしまい、四段昇段(=棋士デビュー)は叶いませんでした。

里見香奈が三段だったときも、四段になれるかはワクワクしました(結果は、年齢制限でなれませんでした)が、今回は3位まで来れて「次点」を取れただけあって、よりワクワク感が高まりました。

女流棋士でない「女性棋士」誕生はいつになるのか、なんてのは前々から言われているけど、ひとりの観る将として焦らず楽しみたいと思います。

|

« 箱根そばと小田急完乗の旅 | トップページ

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 箱根そばと小田急完乗の旅 | トップページ